人気の家事代行サービス比較

かなり最近の話になりますが、2017年の2月に家事代行サービスの認証制度ができました。

まだまだ一部の会社だけの対応ですが、家事代行関連の情報としては重要だと思います。

「安心できるところで家事代行サービスを頼みたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

家事代行サービスの認証制度とは?

認証制度は家事代行サービスの利用者が、安心して提供サービスを選べるようにする指標のひとつです。

そもそもは利用者から、「個人情報保護」や「費用対効果」に関する不安の声があり、質を高めようということで導入された制度です。

経済産業省が日本規格協会(JSA)に認証を委託して、JSAが審査をおこないます。

そして基準をみたした事業者に、認証制度に合格した証明をあたえます。

つまり認証制度に合格した家事代行会社は、サービス品質や安全性に対して、一定のお墨付きをもらったということです。

家事代行サービスの認証制度は何をチェックしているの?

認証制度では下記のようなチェックをおこない、クリアした会社にお墨付きをあたえています。

  • 留守宅でのカギ管理はしっかりおこなわれているか?
  • 器物破損に対する損害保険の導入はあるのか?
  • 掃除や炊事などが一定水準以上のスキルにあるか?
  • 個人情報を守るための従業員教育をしているか?
  • 基本的な安全性に問題はないか?

これらが守られていて、さらに規模に応じた現地審査を受ける必要もあります。

さらに認証後も、次のように厳しくサービス品質や安全性のチェックがおこなわれます。

  • 毎年おこなわれる書類審査。
  • 3年ごとの更新時に現地審査。
  • 重大クレームが発生した時は立ち入り検査。

このようにして、サービスの品質や安全性の向上を狙いたいようです。

どの家事代行会社が認証制度に合格したのか?

まずは当然ながら、大手から認証制度を受けて合格していきます。

ひとまず最初に認証制度に合格したのは、家事代行業界を代表する大手5社です。

  • ベアーズ
  • カジタク
  • ダスキン
  • ミニメイド・サービス
  • ミライド

わたしのオススメしている[bears]も含まれていますね。

最初はこの5社だけでのスタートですが、今後は様子を見ながら中小の家事代行会社も参入してくるはずです。

まだわからないことも多いですが、[CaSy]などは参入も早そうな気がします。

中小とはいっても、かなり人気があって展開も幅広い企業ですからね。

ただし認証制度に合格した家事代行会社は、料金が高く使いづらいのがほとんどです。

ベアーズはまだ安い方ですが、それ以外でオススメするのは難しいでしょう。

認証制度がどの程度の安全証明になるかは手探りですが、初めての利用で不安。

できれば大手に頼みたいということなら、とりあえずは[bears]がイチオシです。

料金も安くて評判もいいので、ぜひ利用してみてくださいね。

また家事代行ではなく、ハウスクリーンという類の専門的な掃除をお願いするなら、[カジタク]もオススメです。

料金は高くなりますが、ぜひご検討ください。